ラグマンのブログ

自分の好き勝手にその日に思ってる事書いてます。誤字脱字なんのその!スルーしてやって下さい。筋トレに関する事書く事が多いかもです。

泣く

f:id:kintoreyarouze:20170501201423p:plain

最近涙もろくなったみたいだ。

 

こんなセリフは還暦を過ぎた頃に言うようになるのだろう、まだまだ先の話だと思っていたのに。

 

 

ハイキュー! とかいうアニメがある。

あのアニメ一回の放送で毎回5回は泣いてしまう。

 

何でもない所で泣く。

 

それは「高校時代」の自分を思い出してしまうからだ。

 

あの漫画は これでもかと言う位にバレーに熱心であり、一生懸命に打ち込む事は

素晴らしい事だと全力で訴えてくる。

 

俺は高校でラグビーをしていた。

当時は一生懸命やっていたつもりだったが、

心からラグビーを愛し、勝つ事を目標に全力で頑張っていたかは疑問を感じる。

 

「どうせ深谷や熊谷の方の高校には勝てない」

 

そうやって諦めの気持ちで、ただ惰性的に練習をしていた。

だから楽しくなかった。

 

ハイキューでは、どんな強敵だろうと孤独になったとしても

[好きな事に全力で突き進む事は正しい!]

と場面場面で訴えてくるのだ。

 

高校時代にそれが出来ていなかった現在アラフォーの俺には

その訴えはあまりにも辛い。悲しくなり、涙がこぼれる。

 

では、今からでも遅くない!と何かに全力で取り組む事が出来るか考えてみる。

 

今取り組みたい事は何? と聞かれたならば

 

「漫画」と「筋トレ」

と答える。

 

それを全力で取り組める? と聞かれたならば

 

「しんどい」

と答える。

 

なぜしんどいの?

「時間無いし、疲れるしぃ、体壊したら仕事出来なくなるしぃ」

 

はい!ここだ! 何かに取り組めない人は

どこかで言い訳をするのではないだろうか?

 

やりたい事があるのに、出来ない人は

何か理由をつけて逃げ道を自ら作ってしまうのだ。

出来ないではなく、やらないのだ。

 

実際に自分なんかより時間も無くて仕事も忙しくて疲れきっている人でも

筋トレやら自分の趣味に全力で取り組んでいる人はいるのだ。

 

人間だもの、それは時には言い訳もするだろう。

弱音を吐くこともあるだろう。

それでいい。

ただ、俺はいつの間にか言い訳だらけの生き方に慣れてしまったのだ。

言い訳をして、自分を正当化してきたのだ。

 

そうする方が、楽だもん。

 

 

でも簡単に想像できる。

 

やりたい事に全力で取り組む俺は

きっと今より人生を楽しんでいるだろう。

今より輝いているだろう。

そんな自分を今日からでも遅くない、探しに行こう。