ラグマンのブログ

自分の好き勝手にその日に思ってる事書いてます。誤字脱字なんのその!スルーしてやって下さい。筋トレに関する事書く事が多いかもです。

筋トレ

f:id:kintoreyarouze:20170509222854p:plain

俺は筋肉が好きだ。

マッチョでも、スジ筋でも、スリムな筋肉でも

とにかく筋肉が好き。

 

力仕事で自然に着いた筋肉、スポーツで着いた筋肉、見せる為に作り上げた筋肉

どれも違った魅力があって好き。

 

とにかく筋肉質な体型になりたくて20代まで必死にジム通いをしていた。

はっきり言ってあの頃はイイ体をしていた。

 

31歳の頃からだろうか、筋トレをしなくなった。

そしてどんどん太り初め、今はメタボ体型だ。

 

今冷静に考えると まずはじめに

「なぜ筋トレをして、いい体になっていたのか?」を考える。

 

色々考えた結果

「自分に自信を持ちたい、そして誰かに好かれたい」

という気持ちがあった。

 

そして三十路を過ぎた頃に今のパートナー(彼氏)と出会った。

 

その時期に通っていたジムが閉店し、ジム通いをしなくなった。

腰痛も悪化し、どんどん太った。

 

見た目はだいぶ変わった。

第一印象でよく「スポーツマンっぽいね」と言われていた俺だったが

33歳位には その面影は無くなっていた。

 

しかし、パートナーは出会ったころと変わらずに俺と接してくれている。

 

見た目だけで俺と付き合っていた訳じゃない事を身をもって知った。

 

見た目より中身が大事?

 

それは少し違う。

 

見た目も中身も大事だ。

 

付き合っている人の見た目は少しでも自分の好みに近い方がいいに決まっている。

しかし「愛」というものは

見た目などは小さい問題にしてしまうのだ。

 

マッチョでなくてもいい。

少なくとも健康的な体型、見た目を維持する努力が大事。

 

今の自分は不摂生によるデブ体型。

 

今日、気付いた。

 

俺は彼に甘えているのだ。

 

そして、彼氏は俺を信じてくれているのだ。

いつも口癖のように「ダイエットして筋肉質に戻るぞ!」

とほざいている俺を。

 

彼は、俺が何年も「止める」「止める」と何百回も言っていて

止められなかったパチンコを止めたときも

「いつか止められると信じてた」と言ってくれた。

 

 

ああ、単なるノロケ話になってしまったが

こんな気持ちになれたのは初めてだ。

 

俺は彼の為にも、俺自身の為にもダイエットと筋トレを行うべきなのだ。