ラグマンのブログ

自分の好き勝手にその日に思ってる事書いてます。誤字脱字なんのその!スルーしてやって下さい。筋トレに関する事書く事が多いかもです。

団地

俺はマンション住まいで、いまだに隣の人の名前も顔も分からない。
それでも何も不自由を感じた事はない。
しかし得るものも何もない。
今の俺にとってマンションは、ただ生活するための[箱]にすぎない。

俺の母は団地に住んでいる。
姉夫婦が一軒家住まいで子供もいないし部屋も余っているから同居しようと、提案しても
『死ぬまでこの団地で暮らす』
と頑なに姉夫婦の誘いを断っている。

俺は月に1~2回実家の母に会いに行くのだが
母の住まいは団地の1階の角部屋で、通りすがりの近所のバァさん達が窓を勝手に開けて
『お新香持ってきたよー食べてー』
とか話しかけてくる。

この団地の人は、こんな感じのコミュニケーションを昔から当たり前のように行っているから、お互い知らないうちに強い信頼関係が生まれているのだ。

俺には一生感じる事は出来ないであろう、地域との強い信頼関係。
母は、団地を出る事よりも、この何物にも変え固い信頼関係から離れる事が嫌なんだと思う。

だから、俺に出来る事は、今母が住む団地の部屋のメンテナンスだ。
ボロボロの襖の張り替え、立て付けの悪い窓の修復、風呂や台所のカビの除去。

母はいつかは死んでしまう。あと10年生きてくれるか分からない。
俺が母に出来る事は惜しみ無く注ぎたい。
母の一番の幸せを守りたい。

広告を非表示にする